確定申告・法人決算は面倒くさい!

提携先の税理士が確実に確定申告や法人決算を行います。

確定申告とは、所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きです。個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間。確定申告書や決算書などの必要書類をそろえて、翌年の2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに税務署に申告・納税します。人によっては、確定申告を行うことによって「納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる」場合(還付申告)もあります。
決算とは、一会計年度(だいたいの場合は1年間)ごとに会社の財務状態や経営成績を正しく把握するため、決算という処理が必要になります。決算とは、期末の財務状態や会計期間内の経営成績を明確にするための手続きです。会計期間ごとに勘定を整理し、帳簿を締め切り、「貸借対照表」と「損益計算書」を作ります。たとえば、3月決算の場合は、その期の4月1日から3月31日までの取引を集計して整理します。

弊社提携の税理士が申告を行う

確定申告は事業主の方本人がすることも可能ですが、実は専門家に代行してもらったほうが、時間的に節約できるのはもちろん、金銭的にもお得になる可能性があります。


確定申告代行を依頼するメリット

白色申告であれ青色申告であれ、税理士に確定申告の代行を依頼する一番のメリットは、正確な確定申告を行えることでしょう。

税金に関するルールはとても複雑ですし、毎年変更があります。最新の法規則を個人事業主の方が事業をしながら完全にフォローすることは不可能に近いのではないでしょうか。万が一誤った申告をした場合には、追徴課税され余計なコストを支払う可能性もあります。


信頼のある税理士が申告

確定申告の代行について、誰に頼めば良いのか、代行依頼するとどのようなメリットがあるのか、そして、そのための費用はどれくらいかかるのか?もしかすると現状の税理士の申告業務は予想以上に高いかもしれません。

個人事業主の方は、顧問料をコストと捉えられがちです。しかし青色申告の65万円の控除のように税金を安くするだけでなく、確定申告の代行を依頼することで、本業に集中できる体制を構築し、事業を成長させていってもらいたいと思います。

法人決算の場合も、もちろん同様のことは言えます。手間の掛かる業務を委託することで、経営者の持つビジョンを明確化することができ、なおかつ集中して業務に取り組むことができます。

15回の閲覧

© 2019 by O&T BUSINESS PARTNERS.

関連会社:​O&Tビジネスコンサルタンツ

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン
  • アメーバブログ