経営コンサルを積極的に活用することで、経営が具体的になります。

その経営方針、本当に間違っていませんか?

近年さまざまな場面で、”コンサルティング”や”コンサルタント”という言葉がつかわれています。一般的に「企業の様々な経営上の課題を明らかにし、解決する助言をする」職業と説明されていますが、簡単に言えば「クライアントをいかに儲けさせるか」ということに尽きます。

“コンサルティング営業”もコンサルと考えいいらっしゃる方も多いでしょうが、“経営コンサルティング”とは違います。 コンサルティング営業の場合、自社で扱っている商品ないしはサービスを買ってもらうために、コンサルティングを行います。 一方、経営コンサルタントの場合、とくに製品やサービスを販売・提供するわけではなく、コンサルティングそのものが商品です。つまり「クライアントの課題を明らかにする」こと、もしくは「課題を解決するための方法を考える、あるいは手伝いをする」ことそのものが商品であり、コンサルティング行為に対して報酬を受けます。


経営戦略の問題点を明らかにする

経営者の方はできるだけ経費を抑え、本業で収益をあげたいというお考えは間違いありません。その本業に専念するためにも、経営コンサルタントを活用することは、費用対効果の観点からきわめて有効です。とくに、従業員の少ない小規模な会社だからこそ、多くを兼務されている多忙な経営陣の方に代わって、客観的に見直しを行い、分析を行うこと。それが専門性を提供する大きなメリットになると考えます。


経営コンサル活用の目的
経営コンサルタントを活用することで、社内的にも社外的にも多忙な経営陣の気がつかない問題点の洗い出しや、気づいていてもなかなか対応ができていない問題点への対応が、可能になります。さらに、一人で悩んでいる経営者のよき相談役としての存在は、モチベーションの維持や向上の観点から見ても重要です。
現在中小企業が抱える問題は多種多様にわたっており、実際の悩みはまだまだあると考えられます。これらを解決するためには、多くの事例に明るく常に最新の情報をもっている経営コンサルタントを活用すれば、この変化の時代にもっとも重要な「時間の効率的な活用」(問題解決や変革に向けての試行錯誤の時間の短縮)が図れることになります。そうすることにより、経営者は有用な戦略を練る時間を得ることになると考えます。
10回の閲覧

© 2019 by O&T BUSINESS PARTNERS.

関連会社:​O&Tビジネスコンサルタンツ

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン
  • アメーバブログ